にきび跡のクレーターを治すための方法について

お肌の悩みに、にきび跡がクレーターのよこにへこんでしまった場合があります。

クレーター状のへこみは目に付きやすく、メイクでも隠しづらいので、治療したい人は大勢います。

多くの人が、にきび跡の手入れを毎日しているにも関わらず、改善されなくて困っています。

にきび跡がクレーターになってしまう原因は、にきびが炎症をおこした後に体内の白血球が皮膚組織を傷つけてしまうことです。

皮膚を新しく作りだしてくれる部分に傷が残ることによって、皮膚を新しく作ることができなくなってしまいます。

にきびの炎症をひどくしないためには、必要以上ににきびを触らないようにして、清潔な状態でそのままにしておくことです。

下手な刺激を与え過ぎると、にきびの治りが悪くなったり、腫れがひどくなることがあります。

小さなにきびのうちなら、お肌の新陳代謝を促すことで、にきび跡のクレーターを小さくすることが可能になります。

ストレスを溜めない生活や、栄養バランスに配慮した食事、十分な水分を意識することで、にきびも、にきび跡も、改善の可能性があります。

肌にあまり刺激を与えない、ピーリング効果の高い化粧水でしっかりと保湿をしましょう。

皮膚の再生に関わる真皮組織まで炎症が広がっている場合には、自宅でのケアは難しいです。

医療機関でにきび跡を診断してもらった上で、どういうやり方なら症状が改善できるか、指導を受けましょう。

コメント