にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的

クレーターになってしまったにきび跡の完治を目指すなら、レーザー治療が効果的です。

表皮を突き抜けて真皮層まで到達した肌のくぼみや、いつまでもシミが残ってしまったりと、にきび跡は色々なものがあります。

一度クレーターができると治りづらく、目立ちやすいので、悩みの種になります。

にきび跡がいくつもクレーターをつくると、ミカンの皮の表面のようにでこぼこした状態になります。

クレーターになってしまうとなかなか治りにくく、ファンデーションなどで隠すことも難しいタイプです。

もしもにきび跡のクレーターを治療したいと思ったら、皮膚科で治療してもらう必要があります。

なぜなら、ニキビによって皮膚組織の一番奥にある真皮層まで傷ついているからです。

新しい肌細胞が、肌のダメージを修復してくれるのは表皮までの話であり、真皮まで傷つくと、新しい細胞での修復はできません。

一度できたクレーターを目立たなくするには、レーザーやフォトフェイシャル、ケミカルピーリングなどが使われます。

クリニックの多くは、レーザーを使ってにきび跡クレーターを治療します。

レーザーなら皮膚深層まで届き、皮膚組織の生成を促進させることができます。

肌の細胞を新しくつくるためのコラーゲンが増加して、肌が受けた損傷が残っているにきび跡のクレーターを目立たなくすることができるのです。

コメント