メタボ予防のため中高年におすすめの日常的に心がける食事と運動

腹囲が一定のサイズ以上であることがメタボの前提になっているのは、内臓脂肪が多いとメタボのリスクが高まるためです。

健康診断でメタボかどうかを調べるのは、メタボは糖尿病や高血圧、動脈硬化等のリスク要因だからです。

お腹周りに脂肪が蓄積される前に、メタボ対策をしっかり講じて、病気にかかりにくい体質をつくるようにしましょう。

ウエストが大きくなりすぎないように、普段から心がけておきましょう。

メタボになりにくい身体を維持するためには、健康的な生活を送り、運動不足を解消しておくことです。

早めの就寝は、体重増加を予防するためにも重要ですので、できるだけ実践してください。

野菜中心の低カロリーの食事を意識して、コラーゲンやビタミン、食物繊維をきちんと食べるようにします。

水泳や、ウォーキングなどの軽度の有酸素運動は、メタボ予防に向いています。

運動がきつすぎると、長く続けづらくなってしまいます。

毎日の生活の中で、メタボ予防に少しずつ取り組むことが大切です。

メタボリック症候群だと診断された場合は、時間をかけて少しずつ、体質改善や、食事内容の確認などを行っていきます。

仮にメタボだと見なされたとしても、その後の取り組み次第によっては、メタボの症状を軽減することが可能です。

どうすればメタボにならずに済むかは、さほど専門的な話ではありません。

メタボ予防には、生活習慣の改善がポイントです。

コメント