口元のシワを解消する方法

口元にできるシワは目立つ場所でもある為、だれもが解消したいと願うことだと思います。

実際の年齢はともあれ、口もとにシワがあると年をとったように見えますので、何らかの対策が必要になります。

口元にシワができてしまう大きな原因は、肌のたるみによるものです。

口の周囲には、口輪筋という筋肉がありますが、この筋肉が弱くなると皮膚を保持することが難しくなり、口元にシワが目立つようになるわけです。

口の周りにある口輪筋が減ると、顔の表情をつくっている表情筋も弱くなり、表情が変わりにくくなったり、たるみがますますひどくなったりします。

シワができる上、表情があまり変わらなくなると、ますます年をとった印象になってしまうので、気をつけましょう。

口元のシワを解消するためには、口輪筋を鍛えることが効果な方法になります。

鏡に顔が映る状態で、姿勢を正し、口輪筋を刺激する運動を開始します。

軽く口を開けて、舌を前に突き出し、右回りに50回程度、くるくると回すようにして、口の周りを意識して動かします。

最初のうちは、動かしにくいと思うこともあるようです。

回転数を少なくしたり、スピードを落とすことで対応しましょう。

口輪筋を使う運動を心がけながら、時計回りに50回、反時計回りに50回、舌を回してください。

右、左と50回ずつを1セットにして、1日2セット、どの時間でもいいから実践します。

可能な限り毎日続けることが、口元のシワ解消に有効です。

コメント