くすみやしみになる原因と対策方法について

ほうれい線のしわが深くなり、しみやくすみが目立つようになるのは、皮膚が老いた現れです。

肌トラブルは無いに越したことはありませんが、デリケートなものである為、多くの人がトラブルの対策に苦心しています。

強い紫外線をお肌に浴びると、くすみやしみがふえると言われていますが、紫外線からお肌を守ることは、普段からできているのでしょうか。

肌が紫外線を長時間に渡って浴びていると、肌の組織内でメラニンが生成されます。

メラニンが生成された状態にあるときに、加齢による肌のターンオーバーの乱れなど肌の調子が悪いと、メラニンが肌に残ってしまいます。

お肌にメラニン色素が留まった状態が、くすみやしみができている状態なわけです。

お肌のしみやくすみ対策は、紫外線から肌を守ることは確かに重要ですが、それ以外にも心がけておきたいポイントは存在しています。

肌に汚れや古くなった角質が残っていることも、しみやくすみが発生してしまう原因となり得るのです。

肌をきれいにするためにスキンケア用品を使っていても、古い角質層が皮膚に残っていると、美肌成分が皮膚に浸透しません。

しみやくすみの無いきれいな肌を目指すためには、よく汚れが落ちる洗顔料を選んで、常にきれいな状態にしておく事も大切です。

洗顔後は、美白成分が配合された美容液の利用も、くすみやしみ対策には効果が期待できます。

ハイドロキノン、プラセンタ、ビタミンC誘導体などの美白成分が含まれている美容液を使うことが、くすみやしみに対しては効果的です。

コメント