美肌になるための洗顔方法

日頃の洗顔を誤らないことが、美肌ケアでは必要になります。

お肌を傷めることなく、こびりついた化粧汚れや、油汚れを落とすためには、まずどんな洗顔が肌にいいのかを理解することです。

自分の肌質に合う洗顔料を入手したら、まずは手のひらの上でよく泡立てて、洗顔のための泡をつくっていきます。

しっかり泡立てることにより、肌に指が直接触れることや摩擦を防ぐことができます。

顔を洗う時は、できるだけ皮膚への負荷がかからないようにするために、日々の洗顔は注意をするようにします。

顔の皮膚は、他の部位よりも薄く、しわやしみができにくいとう弱点がありますので、洗顔を行う時には、皮膚への負担がかからないようにします。

熱すぎる湯も、冷たすぎる水も、皮膚にとってはよくありませんので、洗顔にはぬるま湯を使います。

大体30℃くらいの熱をかけると、皮膚にくっついていた油分は洗い落とせますので、すすぎ用の湯は30℃くらいで事足ります。

美肌を守るには、肌を乾燥から守るためのある程度の油分が必要ですが、洗顔後に湯ですすぐと肝心の油分が失われます。

皮膚には、肌の水分保持や外部からの異物が侵入しないようにするバリア機能があります。

お肌の汚れを徹底的に洗い流そうすると、肌本来のバリア機能が失われてしまいますので、顔の洗いすぎは禁物です。

正しい方法で洗顔をしないと、皮膚の洗いすぎが原因になって、セラミドなどの美肌成分や、油分がなくなってしまうことがあります。

コメント