紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線のひとつであるA波は、ガラスを通過することが可能なため、車内や室内にいても日焼けしてしまいます。

紫外線B波は、紫外線A波ほどの強烈さはありませんが、地球上にまで到達している紫外線なので、予防策が欠かせません。

紫外線の量は年間で差がありますが、中でも多い時期は5月から9月までです。

季節が本格的に夏になれば、紫外線予防に力を入れる人は多くなりますが、5月の段階ではまだまだ油断している人が多いでしょう。

徐々に薄着が多くなり、袖丈や、ズボンの丈が短くなってきますので、そんな時こそ紫外線ケアが必須になります。

夏は、紫外線の量が多くなる以外にも、発汗が増える季節です。

日焼け止めは汗に流されてしまいやすいので、こまめに塗り直さないと日焼け止めの効果が薄くなっていまします。

日焼け止めクリームは、商品によって性能に違いがあります。

紫外線を遮る力が強いものは、SPF値の高い商品ですが、使いどころが大事になります。

効果的に紫外線を予防したい場合は、SPF値の高いものを使うのではなく、SPF値の低いものを、ちょくちょく塗り直すようにしたほうがいいようです。

特に、鼻の頭や額など、常に紫外線の光にさらされている部分は、日焼けどめクリームを使う回数も増やすようにしましょう。

午前10時から、午後2時までの間が、紫外線が特に多いということを踏まえて行動をしましょう。

日焼けをしないように、紫外線を意識した行動をする場合は、一年中実行する必要があります。

コメント