目の紫外線ケアとは何か

強い日差しから肌を守り、紫外線による日焼けをしないようにすることは重視されています。

以前は、日焼けをすると丈夫になるという考え方もありましたが、近年の常識では、オールシーズンの紫外線対策が必要です。

多くの人が、紫外線から肌を守るために様々なことをしていますが、最近では、紫外線から目を守ることも重要だと言われています。

紫外線の光を目に浴びると、目が痛んでしまうことは見逃されがちです。

夏のレジャーや冬のウインタースポーツなどの場面で、多くの紫外線を浴びると目も日焼けをしてしまいます。

目にたくさんの紫外線を浴びてしまうと、炎症を起こす可能性があります。

紫外線の影響で目に炎症が起きるとどうなるかは様々ですが、程度がひどくなると痛み、かゆみ、充血などが起こります。

目の機能を損なわないためには、炎症が起きた目をしっかりケアすることが大事です。

目の炎症とは、やけどを負った状態に等しいので、やけどに対する手当と同様に、目に冷たいタオルや水をあてて、よく冷やしてあげましょう。

目の炎症対策には、目薬を使ってもいいでしょう。

例えば、目の炎症を解消するために、硫酸亜鉛水和物が含まれている目薬を使う方法もあります。

目の紫外線による影響で異常が起きた場合にもっとも効果的なケア方法は、休ませることです。

紫外線によるダメージを感じたら、睡眠時間を多めに取ったり、目を閉じて使わないようにして、しっかり休むことが何よりも大切です。

コメント