日焼けには水分補給による肌対策が必要

肌が紫外線り影響を受けないようにしておくことで、肌を老化から守ることが可能です。

ですが、紫外線に対する十分な備えをしていなかったために、肌を黒く焼いてしまったということもあります。

紫外線を浴びた肌はカサカサに乾燥しやすくなりますので、保湿ケアをきちんと行うことが大事です。

日焼けした肌は水分が蒸発しており、普段よりも水分が少なくなって、乾燥した状態になっています。

水分不足の皮膚に対して、何も手を加えずにいると、肌荒れがひどくなったり、シミが増えたりします。

紫外線を浴びて、肌が日焼けすることはありえる話ですが、肌がやけどをしているのに等しいことですから対策が必要です。

紫外線を浴びた皮膚は、十分に冷やし、保湿力を上げることです。

日焼けをした部分に氷水や保冷剤をあてて冷やしたり、広い範囲を日焼けした時には水風呂につかるのもいい方法です。

赤くなっていた部分が減り、痛みが軽減したら、皮膚への保水を行います。

日焼けした肌に、化粧水をたっぷりを付けて保湿を行いますが、同時に体内の水分補給も行う必要があります。

冷蔵庫に入れておいた化粧水を使うことで、肌の保湿だけでなく、ほてった皮膚を冷たくする効果もあって、一挙両得です。

皮膚に染み込ませた水分が蒸発していかないように、仕上げに保湿クリームや乳液を皮膚に塗り、油分の膜をつくるようにします。

コメント