日焼け対策でシミのない肌を

将来自分の肌にできるシミで後悔しない為にも、毎日の日焼け対策をしっかりしましょう。

ちょっと前までは、日焼けは体にいいと考えられていましたが、最近ては、紫外線は皮膚にとってよくないものだとされています。

季節を問わずに日焼け対策をしている人も増加しています。

ただし、若いうちは肌トラブルが起きにくく、大して手入れをしなくてもきれいな肌でいられるので、実感がないことがあります。

いくら若くても、年をとってからのことを考えると、今のうちから日焼け対策を講じておいたほうがいいでしょう。

お肌のシミができるのは、紫外線を照射された皮膚の肌細胞がダメージを受け、それがきっかけになるとされています。

紫外線によって肌の細胞が破壊されてしまったら最後、二度と修復することは無いのです。

紫外線による肌の影響に、若いうちほど無頓着になりがちなのは、若いころは肌がそれほど荒れていないためてす。

若いころから、紫外線を皮膚に浴びないように意識して行動し、日焼け対策をきちんと行うことで、肌を守ることができます。

UVカット加工が施されたつば広の防止や、日焼け止めクリームが、日焼け対策には有効だとされています。

顔は、オールシーズン外部にさらしているところでありながら、できるだけシミができないで欲しいという場所です。

紫外線が原因で、顔にシミができてしまうという事態は回避できるよう、普段から日焼け予防に力を入れましょう。

コメント