紫外線のカット効果と肌のしみについて

皮膚表面にまで紫外線が届かないように、途中のどこかでカットすることがシミ対策のポイントです。

強い紫外線を皮膚に浴びれば浴びるほど、肌が受けるダメージは甚大になりますので、屋外で活動する時は要注意です。

紫外線をたくさん皮膚に浴びてしまうと、メラニンは過剰に作られるようになり、肌が黒くなってしまいます。

メラニンが多くなりすぎて、肌の代謝が間に合わないと、皮膚には黒さがそのまま残ります。

お肌のシミは、皮膚細胞の中に残ったメラニン色素の黒い色が、シミのわうに見えるというものです。

紫外線を浴びることがなければ、メラニン色素は生成されませんので、しみの原因ができません。

美白化粧水を使っても、できてしまったしみを解消するには、時間がかかるものです。

そのため、最初から肌にしみができないように、ガード策を講じておくことが大事です。

太陽の光はとても心地良いものであり、健康な身体のためには、日光浴は必要なものだと言われていました。

ここ数年は、肌の紫外線の肌に対する悪い影響について、よく取り上げられようになってきました。

ある程度は太陽光の下での行動がリフレッシュになりますが、日焼けのしすぎはお肌の細胞を損ねてしまうのです。

しみができてしまった皮膚は、白いお肌に戻すことは困難です。

しみができないように、紫外線カットをきちんと行いましょう。

コメント