フォトフェイシャルで肌のしみを改善する方法

しみを改善する治療はさまざまな物がありますが、最先端のスキンケアとして人気なのがフォトフェイシャルです。

レーザーでのしみ治療はしみの色素を破壊するものですが、フォトフェイシャルは代謝を高めてしみを体外に排出します。

フォトフェイシャルは、インテルス・パルス・ライトという専用の光を皮膚に当てる美容施術になります。

肌のしみのある部位に光を照射することで、お肌がもともと持っている代謝能力をアップさせ、しみの成分を体の外に出してしまうというやり方になります。

フォトフェイシャルは、お肌のしみ対策以外にも、肌を白くしたり、みずみずしくハリのある肌にする作用があると言われています。

フォトフェイシャルが皮膚への刺激が少ないとされているのは、肌の細胞は透過し、しみやくすみの原因になっているメラニン色素にだけ作用するためです。

安全な光のみを使用しているフォトフェイシャルは、肌を傷つけたり、火傷をしたりする心配もないとされています。

肌への刺激がマイルドな代わりに、効果の現れ方もゆっくりなので、何回かフォトフェイシャルを受けなければなりません。

繰り返しフォトフェイシャルを受ける場合は、その都度お金がかかってしまいます。

フォトフェイシャルはお肌に対する負担が少ないといいますが、どんな施設を利用するかや、肌質によって、予期せぬトラブルが起きたりします。

フォトフェイシャルをしてもらう前には、きちんとカウンセリングをして、不明点を確認しておきましょう。

皮膚にできたしみやくすみを目立たなくしたいと思う人は、フォトフェイシャルによる肌の若返りがおすすめです。

コメント