若返りメイクのコツと方法について

多くの人が、お化粧の方法で若返り効果を得ようとしている傾向があります。

どんなメイクがいいかは、年に応じた見た目や、お肌のコンディションによっても変わっていきます。

日頃、習慣化しているメイクのやり方をちょっと見直すだけでも、いつも違う雰囲気になることができます。

まず大切なのは、自分のメイクを見直してみることです。

長い間お化粧の方法を変えていない方は、若返りどころかお化粧で老けて見られている可能性もあります。

特に人が老けを感じる部分というのが、肌に関してです。

実年齢より年配に見える要素として、皮膚の色が白すぎたり、コンシーラーをたくさん使っているということがあります。

しわやしみを覆い隠したいと、ファンデーションをたくさんつける人もいますが、皮膚の色がおかしくなったり、しわが際立つようになります。

重要なものは、ファンデーションをどうするかではなく、化粧下地をどのようにつけるかです。

首までつけると自然になります。

くすみが気になる方はピンク系の下地を、赤ら顔やニキビ跡のカバーはグリーンの下地を使ってみると随分と印象が変わると思います。

茶色いくまやたるみ、くすみが気になる方は、オレンジの下地等を自分の肌の状態に合わせて、きちんと使い分けることがポイントです。

若返りに役立つメイクは、肌の状態をよく観察して、適した化粧下地を使い分けることが効果的な方法です。

コメント