肌のために紫外線を防止しよう

肌に紫外線が悪いということはよく言われますが、なにがどう悪いのでしょうか。

少し前までは、太陽光を浴びることは健康にいいという認識が一般的でしたが、近年では変わってきています。

太陽光に含まれている紫外線には、肌の表層に留まるものと、肌の奥に届くものがあります。

皮膚が損傷を受けないように、紫外線を防止する必要があります。

お肌に紫外線が照射され続けないように防止することは、昨今、女性の多くが意識する美容面だけでなく、それ以外の点にも及びます。

紫外線の強さは、日本においても深刻化しています。

日焼けだけでなく、紫外線を浴びた皮膚に皮膚がんが起きるといったことも指摘されています。

日本人のような有色人種は、白人とはちがって紫外線には強く体は出来ています。

肌と動揺、目も日焼けします。

黒目のせいでまぶしさに対する耐性は白人よりも強いといいますが、そのせいで無頓着になりやすいようです。

紫外線の影響を、目が受けないよう防止策をとることが大事です。

日本人は白内障の確率が高いですが、これは紫外線の影響も大きいといいます。

紫外線をお肌が浴び続けていると、肌の老化が進んで美肌を保つことが困難になります。

それだけでなく、紫外線を目に受けていると、目のトラブルが起きやすくなるのです。

紫外線を通さないような加工がされているサングラスや、眼鏡を着用することで、野外に出る時でも、目を紫外線から守ることが可能です。

普通に暮らしていく限りは、紫外線をちょっとでも浴びずに日々を送ることはできない相談ですが、できるだけ紫外線防止策を講じましょう。

コメント