ワキガの治療を医療機関で受ける場合

当の本人はワキガを自覚していないのに、身近な人は迷惑しているということがあります。

人によっては、ワキガがきついことを教えてもらったことが、トラウマになってしまったということがあるようです。

各社の制汗スプレーを用いたり、脇の下を清潔に保とうとしたり、食べ物に気をつけてみた場合でも、臭いがある程度は残ります。

ワキガ体質の人が、ワキガの臭いと完全に決別することは、非常に難しいことであるといえます。

家庭でできるワキガ対策で不十分な場合は、病院でワキガの手術を受けるなどして、治療をしてもらうといいでしょう。

もしも軽度のワキガなら、制汗効果や、臭いを減らせる薬を脇の下に塗って、症状を緩和します。

重度のワキガの場合、脇の下にメスを入れ手術をすることになるでしょう。

脇の下にあるアポクリン汗腺や、皮脂腺に電流を通して細胞を壊し、ワキガの原因になる汗をかけないようにするという方法も、広く知られています。

脇の下にはいくつかの汗腺が存在していますが、そのうちアポクリン汗腺が多いと、ワキガの臭いを発する汗を多く分泌してしまいます。

アポクリン汗腺を、メスを用いた外科手術で取り去ることで、程度の重いワキガでも、改善の見込みがあります。

脇の下にワキガの臭いがするのは、アポクリン汗腺が原因なので、手術を行ってアポクリン汗腺だけを取り出してしまいます。

エステや美容クリニックのネックは、手術費用がどうしても高額になってしまいがちなところですが、最近は保険が使える手術もふえ、コストが引き下げられています。

左右のワキガを気にならなくするには数万円くらい必要ですが、自由診療でお願いする時には数十万円の手術費用がかかるでしょう。

コメント