医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

最近は、エステや医療機関に行って、脱毛のための施術を受ける傾向があります。

エステや、医療機関での脱毛処理は、家庭で行う脱毛クリームやカミソリを使った脱毛より、きれいに処理することができます。

エステや、医療機関で脱毛をしてもらう人が増加している背景には、脱毛に関する技術が進み、低コスト化や、美容効果が高まっていることがあります。

エステで受けられる脱毛ケアと、医療機関での脱毛施術は、ほとんど同じように感じるかもしれませんが、機会のスペックは別ものです。

医療施設では、脱毛をしたい部位にレーザー光を照射する方法であり、エステでは特殊なフィルターを通した光を使っています。

どちらの脱毛方法も、光を照射して毛の生える元となる毛母細胞などにダメージを与える仕組みについては、よく似ています。

レーザー脱毛と、フラッシュ脱毛の違いは脱毛効果の高さです。

レーザー脱毛のほうが高いですが、医療機関でしか利用できます。

あまり時間をかけずに、効率的に脱毛施術をうけたいのであれば、病院のレーザー脱毛を使ったほうがいいでしょう。

レーザーでの脱毛は強力な脱毛効果が得られますが、その分、皮膚トラブルのリスクが大きく、施術時の痛みも強めです。

施術時の痛みについては、医療機関での脱毛でも、エステの脱毛でも起こりえますが、麻酔効果があるクリーム等で痛みを緩和することができます。

この頃は、低予算で脱毛施術を受けられるようもなっており、脱毛クリニックなど脱毛専門の施設も多くなってきています。

医療機関とエステサロンの脱毛方法には、どちらもメリットとデメリットが存在しているので、よく調べた上で信頼のおける施術場所を慎重に選ぶことが大切です。

コメント