ヒアルロン酸注入の効果と持続期間

最近は、外見をきれいにするために、ヒアルロン酸を注入するというやり方を利用する人が、増加してきています。

老化によるたるみの改善によく使われる治療法として、ヒアルロン酸の注入による施術は多くの人に利用されています。

目の下のたるみやほうれい線が気になる場合に、気になるしわの部分にヒアルロン酸を注入して、肌トラブルを改善します。

皮膚の中にヒアルロン酸を入れて、肌の内部から支えることで、しわやたるみをなくなったように見せるものです。

ほうれい線が深くなったり、目の下のたるみが目につくようになった時には、ヒアルロン酸注入でリカバリーがききます。

ヒアルロン酸を注入することで、すぐにでも皮膚がきれいになります。

ヒアルロン酸は、人体でもつくられている保湿成分ですので、注入が原因で弊害が起きるリスクは非常に小さいものです。

時間が経過するごとにヒアルロン酸は体内に吸収されていくので、効果の持続期間はだいたい4ヶ月~6ヶ月となります。

ヒアルロン酸とひとくちに言っても、目的によって使う薬剤が違ってきます。

バストを大きくしたい場合や、あごを変えたい、鼻を高くしたい時には、硬さのあるヒアルロン酸が、美容施術用に用いられています。

効果が長く続くのは、硬いヒアルロン酸のほうになります。

そのため、1年くらいで元通りになってしまいます。

コストが安く、時間の制約も短く済んで、効果が高いことから、ヒアルロン酸注入を利用する人は大勢いますが、しばしば利用しすぎていると、皮膚にしこりができてしまうことがあります。

コメント