美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸を比較

お肌の乾燥を防ぎ、しっとり感を維持するには、コラーゲンや、ヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が有用だと言われています。

美容成分としてよく知られているこれら2つの成分にどのような違いがあるのかを比較してみます。

人間の皮膚は角質層という表層の下に、真皮層という層があります。

ここにヒアルロン酸やコラーゲンはあります。

真皮の中には格子状のコラーゲンが広がり、その網目の部分にはヒアルロン酸を含んだゼリー状の組織で埋め尽くされているのです。

たるみやしわのない若々しい皮膚でいるには、真皮層の物質が足りていることが大事です。

コラーゲンが豊富に含まれているお肌は、しわのない弾力のある状態をキープできることにあります。

お肌がハリのある状態でいられるためには、コラーゲンを補っておくことが重要です。

コラーゲンに対して、ヒアルロン酸の最大の特長は、保水力になります。

皮膚がカサカサにならず、十分な水分が補われていてしっとり感がある状態を維持するには、ヒアルロン酸が多いことが条件です。

美容成分として、あわせて語られることの多いコラーゲンとヒアルロン酸は、実際は異なる肌の悩みに効果があることがわかります。

肌のしわ解消にはコラーゲンが役立ちますし、肌の保湿力を向上させたい場合はヒアルロン酸が適しています。

健康的できれいなお肌を守るには、日々のスキンケアが重要です。

ヒアルロン酸と、コラーゲンの性質を理解して肌の手入れを進めていきましょう。

コメント