正しい洗顔で美白の肌を手にいれる

お肌を白くしたい人は、美白化粧品の使用もいいですが、洗顔の方法を見直すことも大事です。

美白のためには洗顔の目的を理解した上で、正しい洗顔を心がけることが大切です。

顔を洗うことで、皮膚にこびりついている汚れを取り除いていきます。

しかし、皮膚をこすりすぎたり、洗浄力の強い洗顔料を使いすぎて、皮膚に必要な成分まで除去してしまうことがあります。

肌を守るために必要な成分まで洗い落としてしまうことで、肌の防御力が低下し、肌トラブルのもとになることがあります。

泡立て用のスポンジやネットを使うと細かい泡がつくれますので、その泡で洗顔をしてください。

顔を洗う時には皮膚をこすらずに、泡を額や鼻、顎などの油脂が多い場所を中心にして広げていくようにします。

乾燥しがちな目元や口元などは、力を入れすぎないようにして、泡を乗せるだけでもOKです。

顔の隅々まで泡を塗り広げてから、ぬるま湯でしっかりすすいでください。

泡が残ると皮膚へのダメージになります。

すすぎ終わったら、吸水性のいいタオルを顔に押しつけるようにして、皮膚をこすらずに水分だけ吸わせます。

洗顔後のお肌は水分が失われやすくなっています。

角質層から水分が蒸発する前に化粧水で保湿ケアをしてください。

透き通るような美白肌を目指して、洗顔のやり方を覚えるようにしましょう。

コメント