メタボ対策で健康とダイエットの一石二鳥を目指す方法

メタボと聞くとおなかが出ているというイメージが定着していますが、本来はそういう意味ではありません。

おなか周りに脂肪がたまっていることだけでなく、高血糖や高血圧なども加味して、総合的に判断されるものとなっています。

メタボは、血糖値が高い人や、血圧が高い人が多いのば、漠然と太りすぎて健康によくない人という印象が持たれています。

生活習慣病の要因として、中年太りが挙げられることから、メタボという言葉を広めて体重管理の必要性を周知させています。

メタボ体型の人は、動脈硬化が起きる確率が高くなるために、心筋梗塞や、脳梗塞など、命を脅かす身体疾患が発生する場合があります。

年をとって新陳代謝が下がったことのほか、体を動かさない生活や、食べ過ぎがメタボに要因です。

肥満とそれほど大きな違いはなく、メタボの対策方法としては、食事、運動、禁煙そしてクスリを使用したものがあります。

禁煙の対策はあてはまらない人も多いでしょうし、クスリによるメタボの対策は最終手段です。

メタボ改善を目指すなら、食事内容を見直すことと、運動量を増やすことを二本柱にするといいでしょう。

原理はダイエットと同じです。

腹筋や、ウォーキングなど、簡単に始められる運動からスタートして、お腹にある皮下脂肪を燃やしてしまいましょう。

健康的で、規則的な食事を摂ることが重要です。

低カロリーで高タンパクの食材を使い、野菜や果物で、体に必要なビタミン類を確保します。

メタボ対策は、時間をかけてやるものですので、運動をする場合でも、食事の改善でも、気長にコツコツと続けていきましょう。

コメント