洗顔石鹸を使用した正しい顔の洗い方とは

毛穴に詰まった汚れを、洗顔石鹸を使って洗い落とせば、開いていた毛穴を引き締めて目立たなくすることができます。

適切な洗顔のやり方をすることで、肌の汚れをきれいに落とすことができます。

洗顔に使う湯は、ぬるめのお湯にしてください。

熱い湯を使って顔を洗うと、お肌が必要としている油分まで溶け出してしまうので、乾燥肌になってしまいます。

泡立て用のネットは、水分を含ませすぎると泡が弱ってしまうので、軽く絞って適度な水分を残しましょう。

手のひらいっぱいになるくらいに泡をつくり、Tゾーンから泡を乗せていき、指の腹を丸く動かして泡を塗り広げます。

くるくると細かく動かすだけで、角栓もしっかりと落ちていきますので、必要以上にごしごしと洗わないようにしましょう。

小さなマルをいくつも書くようにして、泡で洗顔をしましょう。

皮膚を強くこするとお肌によくないので、やらないようにしてください。

肌に負担をかけないためには、十分に皮膚をすすぎ、泡汚れが皮膚に残って肌トラブルの要因をつくらないことです。

少なくとも10回は、ぬるま湯で顔をすすぐようにしましょう。

注意しなけばならないことは、顔をこすらないことです。

ぬるま湯を顔にあてることで、泡が流れていくようにしましょう。

洗顔後、タオルで顔を拭くときも、顔をこすらないようにしましょう。

タオルの乾いた部分を皮膚にあてて、水分が吸収していくに任せます。

正しい方法をマスターして、丁寧な洗顔を心がけることによって、肌を健康な状態に維持することができます。

コメント