ヒアルロン酸を胸に注入してバストアップする方法

バストアップ効果がある美容施術には様々なものがありますが、ヒアルロン酸の注入もその一つです。

関節の軟骨部分や、皮膚の深層にヒアルロン酸は存在しており、人体の保湿力を高める働きをしています。

ヒアルロン酸は体の中でつくられる成分と一緒のものですから、体内で悪影響を及ぼす心配などがありません。

胸にヒアルロン酸を注入する際には、麻酔をしますので痛みはありません。

ヒアルロン酸を注入した部分は、ハリが強くなりますが、何日かで和らぎます。

ヒアルロン酸注入によるバストアップは、ものの20分くらいで終わるので、気軽に受けてみることができるでしょう。

豊胸手術には、脂肪注入や、豊胸バックを挿入する手術などの手段がありますが、ヒアルロン酸を注入するほうが安価に受けられます。

体の中に入ったヒアルロン酸は、時間をかけてゆっくりと吸収分解されますので、バストアップの効果は2年程度です。

施術によって大きくなった胸のサイズを維持するには、定期的にヒアルロン酸を注射することです。

手術をする時は、脇か乳房下縁に小さな穴を開けて、ヒアルロン酸を注射を使用して注入します。

ヒアルロン酸を注入した次の日から、通常どおりの活動が可能なので、軽い気持ちで施術がうけられます。

ヒアルロン酸を注入してバストアップ効果を得たいという人は、まずは、美容整形が可能なところを探してみてください。

コメント