肌の状態に適したスキンケア商品を選択する

クレンジングと洗顔によるスキンケアがしっかりとできたら、次に使用するスキンケア商品は化粧水になります。

化粧水には、皮膚に保湿成分や美容成分を与えることの他にも、次に使用する美容液やクリームを皮膚になじみやすくするために肌を整える役割があります。

皮膚は水分が不足すると肌トラブルが起きやすくなりますので、化粧水でも保湿ケアはスキンケアの要です。

化粧水をたっぷりつけることで得られる肌のうるおいが、スキンケアの次のステップでの効果を促進させます。

肌の保湿と状態向上のために化粧水をまんべんなく使った後は、美容液を用いて皮膚に栄養を補給します。

美容液には、肌が必要としている美容成分を角質層に届ける役割があります。

一般的には他の化粧品と比較すると、凝縮された美容成分が配合されている商品が多いようです。

美容液を選ぶ際は、自分の肌質や肌トラブルなどの悩みに合わせて、きちんと選ぶことが大切です。

クリームや、乳液も、肌をきれいにするためのスキンケアでは大事です。

乳液には、水分と油分を補って肌を柔らかくする役割があり、クリームには主に油分を補って肌を柔らかくする役割があります。

もともとオイリー肌で、毛穴の奥から出る皮脂が多いという人は、あえてクリーム等を使わずとも、スキンケアになることがあります。

肌の保湿力が弱くて乾燥しやすい人は、乳液やクリームなどのスキンケア商品でしっかりとケアする必要があります。

コメント